ばかあるき

発達障害と娯楽を持って

「保安官エヴァンスの嘘 ~DEAD OR LOVE~」の「すれ違い」がマジでツボる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうも、みなさまオハコンバンチワ。ペロでございます。

 

今日ご紹介するのは久しぶりに新刊を発見し、期待通りやっぱり面白かったこちらのマンガ!  

 

「保安官エヴァンスの嘘 ~DEAD OR LOVE~」でございます!

「保安官エヴァンスの嘘 ~DEAD OR LOVE~」あらすじ

保安官エヴァンスの嘘 1: ~DEAD OR LOVE~ (少年サンデーコミックス)

モテる為にカッコつける保安官の西部喜劇!

強き者が掟であった頃、西の荒野のどこかで。全ての犯罪者が最も恐れる保安官がいた。

彼の名はエルモア・エヴァンス。超一流、西部最強のガンマンでもある彼は、モテたい。

幼少時から女性にモテたいと強く願い、「ガンマンはイケてる」という(時折ゲスな)父の教えを学んだ。だが未だに、恋人いない歴イコール年齢。
女性の前でついカッコつけてしまう彼は、モテないこともないのだが、絶妙にうまくいかず、今日もモテる為に、祝福なき死闘を繰り広げてゆく。

引用 : Amazon

 

「保安官エヴァンスの嘘」がツボるとマジでやばい

保安官エヴァンスの嘘 2: ~DEAD OR LOVE~ (少年サンデーコミックス)

最初に「とにかく笑える!」との評判がポツポツとネット上で見かけ始めたのですが、「マジかいな?」と疑問を抱きつつ読んでみるとこれが非常に笑わせてくれる。思わず「フヒヒ♪」となってしまうので、ぜひ電車では注意してください。

 

笑いの類としては「かぐや様は告らせたい」に近い感じ。いや、動機やらなにやらはいろいろ違うんだけど、本当に近い。「かぐや様は告らせたい」が好きな人はきっとツボに入るはず。 

意中の女の子とうまくいきそうでうまくいかなかったり、「モテるための父の格言」を素っ頓狂なやり方で実行したりとバタバタするエヴァンスはめちゃくちゃ愛らしいし、時折入る冷静な口調の解説が本当にタイミングといい秀逸。

「保安官エヴァンスの嘘 」の「すれ違い」は個人的満点

保安官エヴァンスの嘘 3: ~DEAD OR LOVE~ (少年サンデーコミックス)

実はエヴァンスは、保安官としてもガンマンとしてもめちゃくちゃ優秀で「クールなシェリフさん」として町のみんなから信頼され、悪党からも恐れられている存在なんです。が、脳内はもう「どうやったらモテるか」でいっぱいでホント高校2年の男子。

 

この周りとの思惑の「すれ違い」の笑い自体は結構古典的なんですが、「保安官エヴァンスの嘘 ~DEAD OR LOVE~」はやり方が本当にうまい。冷静な口調の解説の使い方といい「すれ違い方」といい、個人的には満点です。

 

特に、4巻のバタバタ具合は後藤ひろひとの演劇やモンティパイソン系が好きな人は結構ツボるはず。

 

「銀魂とかの笑いが苦手なんだよねー」って人はこっちでしょ。笑いとしては「なんでやねーん!」とか「うぉい!」みたいなノリは一切ないので、ぜひ一度試してほしいです。

「保安官エヴァンスの嘘 ~DEAD OR LOVE~」まとめ

ほい!今回の「保安官エヴァンスの嘘 ~DEAD OR LOVE~」で言いたかったことは

  • 絵で騙されないでギャグ好きはぜひ一度読んでみて
  • 「かぐや様」が好きな人にはマジでオススメ!
  • 「すれ違い」と「解説」の妙技が本当に素晴らしい

って感じでございます。

 

こーゆーうるさくない系のギャグマンガもツボるとダメな笑い方でちゃうよね。

くれぐれも読む時は一人でいる時に。

フヒヒ♪

 

では、また!!