ばかあるき

発達障害と娯楽を持って

【凸凹コンビ】マンガ「LICENSE ライセンス」がメチャクチャもったいない【サスペンス】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうも、みなさまオハコンバンチワ。ペロでございます。

 

今日はこちらのマンガをご紹介したいと思います!

 

「LICENSE ライセンス」でございます!

 

 

「LICENSE ライセンス」 あらすじ

Amazon LICENSE ライセンス 1 (ヤングジャンプコミックス)

行政執行代理人──それは、警察に代わり犯罪者の逮捕を行う現代の賞金稼ぎ。 最愛の婚約者を事故で失った元刑事・仲間と、明るく行動的な18歳の少女・比奈子。一見、対照的なタイプの二人が行政執行代理人コンビとなり逃走者達を追い詰める!!

引用 : Amazon

「LICENSE ライセンス」は凸凹コンビのサスペンスアクションマンガ!

Amazon LICENSE ライセンス 2 (ヤングジャンプコミックス)

主人公の元刑事、仲間は最愛の婚約者を交通事故で失い、片足の自由も無くなってしまい無気力になって警察をやめ、「賞金稼ぎ」とも言われる行政執行代理人になり、事故を起こした相手の運転手を探し出そうとします。

 

が、「依頼」を受けなければ運転手を勝手に探すことは出来ません。しかも、元凄腕の刑事とはいえ片足の不自由な主人公に依頼を出してくれる人も少なく、困り果てた主人公に謎の身体能力がとんでもない比奈子が相棒に名乗りを上げ物語は進行して行きます。

 

この寡黙でクールな主人公と自由奔放で明るい比奈子の凸凹コンビは周りの評価を覆しドンドン事件を解決して行く様は結構爽快。

 

一つ一つの事件も結構ちゃんとストーリーがあってサスペンスアクションとして中々楽しめます。

 

「LICENSE ライセンス」は後半がもったいない

Amazon LICENSE ライセンス 3 (ヤングジャンプコミックス)

この「LICENSE ライセンス」は何と4巻で話が完結してしまいます。3巻の途中までは非常にストーリーもいい感じに進むのですが、4巻から急に失速気味になるのがもったいない!

 

せっかく様々なキャラクターが個性を出してきてこれから主人公を取り巻く事件が広がって行くのかと思ったのに非常に残念。

 

この失速がなく最後まで描き切ってくれたらかなりに良作なマンガになったのになー。

 

打ち切りかどうかはわかりませんが、次回作に期待を持たせてくれるステキなストーリーと作画だったので、次回作も追っていこうと思います。勿体無いなー。

 

「LICENSE ライセンス」まとめ

 

Amazon LICENSE ライセンス 4 (ヤングジャンプコミックス)

結構好きなマンガだったのですが、こう言う失速してしまう感じは初めてて非常にもったいなく今回は記事にしてご紹介させていただきました。

 

最初絵を見たときに「少女漫画っぽくて苦手かもなー」と思っていた気持ちを巻き返してくれるほど個人的に「いいね!」感が強かった分、ちょっとショックも大きかった作品ですが、是非みなさまにも次回作に期待を込めて読んでいただきたい作品です。

 

こう言う捻りが少ない作品は受けづらいのかなー。

 

それでは!また!