ばかあるき

発達障害と娯楽を持って

【マンガ】ラパス・テーマパークが衝撃の名作だった件【男泣き】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:dokodemobakaaruki:20180712181517j:plain

どうも、みなさまオハコンバンチワ。ペロでございます。

 

みなさん、このマンガ知ってました?

ボク全然知らなかったんですけど読んだら超面白いんですけどいやマジで超おすすめなんですけど! 

 

というわけで今日はこちらのマンガを自信を持っておすすめします!

「ラパス・テーマパーク」でございます! 

 

今回も極力ネタバレを避けて書いていますので安心してお読みください!

それでは!行ってみよう!

「ラパス・テーマパーク」あらすじ

ラパス・テーマパーク 2 (ヤングジャンプコミックス)

「あなたの人生をやり直すこれが最後のチャンス!」
不慮の事故で命を落とした赤星十和は、気がつくと見たこともない街にいた。そこは生前の記憶を具現化できるという謎の異空間「ラパス・テーマパーク」。毎日決まった時間にのみ現れるキリン頭の男・ラパスを倒せば、生き返ることができるというが…?

引用 : Amazon 

「ラパス・テーマパーク」の主人公は「ワケありクズ」

ラパス・テーマパーク 1 (ヤングジャンプコミックス)

あらすじをパッとみると「あー、転生系ねー」と思いそうですが

全っ然ちがいます。

ストーリー設定は

「ワケありで死んだ人が「ラパス・テーマパーク」っていうとこに集まって顔がキリンの男と毎日戦い、勝った人がもう一度生き返れますよ!」

というこれだけ読むとマジで魅力のかけらも感じませんが、本当に設定よりも物語と魅せ方が素晴らし過ぎて「なんでこれもっとみんなオススメしないの!?」って叫びたくなるくらい名作になっています。

 

この赤い表紙のヒーローに変身してるのが主人公なのですが、こいつがとにかく「クズ」なんですよ。つってもただのクズじゃなくて

「人生の不幸摂取量の8倍くらいを煮詰めたような悲惨な人生を送ったクズ」

なのでムカつくにもムカつけないし「とにかく頑張ってくれ!頼む」とついつい応援をしてしまうんですよ。

f:id:dokodemobakaaruki:20180712174509j:plain

いやー、こんな女の子をおいて逃げちゃう最低なやつなんだけど、冒頭の1話で綺麗に物語に引き込ませてくれてるからマジで応援しちゃうんだよなぁ。

 

あ、その冒頭の一話がここで読めるのでちょっと読んでみて。むしろ読んでからまた記事戻ってきて欲しいくらい。

「ラパス・テーマパーク」は毎巻泣ける、イヤ泣くよ

ラパス・テーマパーク 3 (ヤングジャンプコミックス)

そんなクズな主人公なのですが、日々を重ねることに成長していきます。というのも、キリン男との戦いの時に重要なエネルギーとなるが「トラウマ」なんですね。大きいトラウマを持っていると、とんでもないエネルギーで攻撃できると。

 

そして主人公は「ラパス・テーマパーク」にいる誰よりもそのエネルギーが強いので重宝されるのですが、本人にとっては毎回ゲロ吐いて死にたくなるような「トラウマ」(結構エグい)をフラッシュバックしなくちゃいけない。

 

そんなことを繰り返しながら、主人公が「トラウマ」と向き合い始め人間的に成長していく姿はマジで泣きます(つーか元々いい人間なんだけどね)。

「ラパス・テーマパーク」にいる他のメンバーもみんなワケありなのですが、主人公がグイグイ成長して他の人の「トラウマ」まで救い始める様はもう嗚咽ですよ嗚咽。マジで確変起きたあとの主人公の素晴らしさって言ったらあなた。感涙です。

f:id:dokodemobakaaruki:20180712182309j:plain

助けにきちゃうんだよ(涙

最終巻はもう完璧にティッシュがなくなるので覚悟して読んだほうがいいです。落ち着いたと思ったらエピローグでまたブッこんでくるんで気をつけてください。 

「ラパス・テーマパーク」まとめ

ラパス・テーマパーク 4 (ヤングジャンプコミックス)

はい、というわけで今回の「ラパス・テーマパーク」で何が言いたかったかというと

  • マジのマジで今年のオススメTOP3に入るくらいの名作
  • とにかく設定以上にストーリーと魅せ方が素晴らしすぎる
  • 「人間のクズ」の主人公が「ヒーロー」になる瞬間はマジで鳥肌
  • といってもヒーローものじゃないからね!

と言った感じでございます。

 

本当に素晴らしい作品でした。これも全巻実物で欲しいなぁ。マジで素晴らしい。