ばかあるき

発達障害と娯楽を持って

成田良悟の異世界転生「デッドマウント・デスプレイ」は「デュラララ!!」超えなるか?!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:dokodemobakaaruki:20180501080453j:plain

どうも、みなさまオハコンバンチワ。ペロでございます。

 

ボクは、基本的に本当に大好きなマンガ以外は電子書籍(Kindle) で買うことにしているのですが本屋さんで見かけしまい散々悩んだ結果、期待を込めて今回は実物で購入させ頂きました。

 

成田良悟氏の最新作「デッドマウント・デスプレイ」の登場でございます。

  

「デッドマウント・デスプレイ」あらすじ

Amazon デッドマウント・デスプレイ(1) (ヤングガンガンコミックス)

『成田良悟』×『異世界転生』!?

刮目せよ。
[デュラララ!!]の成田良悟が紡ぐ、新たな「異世界転生」を――。
それは「衝撃の第1話」から始まる物語。
幾多の死地を踏み越えた最強の聖職者と、希代の死霊術師の戦いは、新たな舞台『新宿』へと誘う。
[レッドレイヴン][マンガ版バッカーノ! ]の藤本新太と贈る、衝撃の「転生」ノワール・ファンタジー、堂々開幕!

引用 : Amazon

 

"成田良悟"の最新作「デッドマウント・デスプレイ」

f:id:dokodemobakaaruki:20180501063429j:plain

もう、この帯を見たら悩んでしまいますがな。

 

成田良悟氏という名前にピンとこない人もいるかもしれませんが、「デュラララ!!」「バッカーノ! 」でご存知の方も多いと思います。

アニメの方も非常に人気があったので、アニメで知ってる人多いかもしれませんね。

 

オープニングで登場人物をガンガン出してきて、シーズンが重なるにつれ

「すいません、もう登場人物覚えられません」

となったのはいい思い出。

 

その成田良悟氏が「異世界転生」ですよ。

 

今さら?

 

と思いつつも気になって気になって仕方ないし、「デュラララ!!」「バッカーノ! 」の2作がメチャクチャ面白かったので思い切って購入。実物で購入するのは基本的に飾って目につくところに置いているので外したくないんですよ。

 

まぁ、結果は

ちょっとかなり期待できそう。本当によかた。

 

「第1話が衝撃!」の「デッドマウント・デスプレイ」

基本的にネットで情報を集めようとすると大体のところに「衝撃の1話から始まる」と書いてあるのですが、いやぁその通りマジでジェットコースターみたいにブンブン振り回す第1話です。

 

「あら、そっち系なのね。あぁはいはいはい。」

「おぅおぅおぅそういうことか」

「あああれ?ああそっち?」

 

みたいな感じで、序盤は結構「種まき活動タイプ」だと思っていた成田良悟氏らしからぬ、レースカー並みのハンドリングでガンガン話をすっ飛ばしていくのですが、これは気持ちいい。第1話のつかみはもう完璧にボクのハートをロックオンですよ。

 

第1話でこんだけ盛り上げても失速しそうな感じが全くなく、2話以降にしっかりと繋げてワクワク感をドンドン倍加させていくのは成田良悟氏ワールドが好きな人にはもうたまらん感じになってます。

 

ネットで第1話のみ無料で読めるのですが、いやーこれ読まないほうがいいんじゃないかなー。買うかネカフェか、お任せしますけど一気読みで読むときに読んだほうがいいと思うけどなー。とりあえず、リンクは貼っておきますので自己責任でどうぞ。

www.square-enix.co.jp

 

「デッドマウント・デスプレイ」は1巻から風呂敷広げまくる

さて大事な内容なんですが、衝撃の第1話があるのであまりここでは多くは書かないことにします。なにも知らずに第1話 読んだほうが絶対いいからね。

 

今回の舞台は「デュラララ!!」が「池袋」だったのに対し、ちょっと湿度高めの「新宿」。本当にこの人のキャラクターはこういう街が似合うよなぁ。「デュラララ!!」が好きな人にはこの辺もう大好物でしょ。

 

ただ、第1巻は成田良悟氏ワールド恒例の「大風呂敷広げ大会」が1巻フルに使って行われるので、メチャクチャ高められたワクワク感は残しに残しまくったままで今回は終了となります。この辺は覚悟しましょう。しかたねっす。

 

「死神」「火吹き蟲」「レミングス」等、もう電撃文庫的にたまらないワードがガンガン散りばめられて「それ以上種まかないで!」って言いたくなるくらい風呂敷は広がります。この広げ方がスマートなんだよなぁ成田良悟氏。

 

「デュラララ!!」にしても「バッカーノ! 」にしても後半の怒涛のようなカタルシスがたまらない作品なので、今回の「デッドマウント・デスプレイ」もこの「大風呂敷広げ大会」で散々蒔いた種がどこでどう芽が出てくるのか。あぁもう楽しみすぎ。

 

ちなみに、今回のテーマの根本はなんか「デビルマン」っぽいっすね。ボクは大好物。

 

「デッドマウント・デスプレイ」まとめ

いやぁ、かなーり期待ができる新作でよかった!実物購入はなんでこんなに外したくないんだろうなぁ。Kindleだと全然外しても「まぁいいでしょ」ってなるんだけどなぁ。

 

さてさて、後半戦がマジで期待の高鳴る「デッドマウント・デスプレイ」はあの名k作「デュラララ!!」を超えることができるのか。これは気長に追っていかなきゃいけない作品になることは必至です。

 

村長にお勧めしたいなー。村長もう読んだのかね。

 

 それでは!また!