ばかあるき

発達障害と娯楽を持って

【かぐや様は】赤坂アカ氏「ib-インスタントバレット-」のあとがきにやられた【告らせたいの人】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうも、みなさまオハコンバンチワ。ペロでございます。

 

本日は新しくはないですが、好きな人にはザクッと刺さるこちらの漫画のご紹介!

 

赤坂アカ氏の「ib-インスタントバレット-」でございます。

 

 こちらの「赤坂アカ」という名前に「ん?」と思う方もいらっしゃることでしょう!そうですあの「かぐや様は告らせたい」の作者、赤坂アカ氏でございます。

かぐや様は告らせたい 10 ~天才たちの恋愛頭脳戦~ (ヤングジャンプコミックス)

さてさて、今回も極力ネタバレを避けて書いていますので、未見の方の食指をゆさぶれたら嬉しいなぁー!

それでは!行ってみよう!

 

 

「ib-インスタントバレット-」あらすじ

Amazon ib -インスタントバレット- (1) 世界の終わりとボーイ・ミーツ・ガール (電撃コミックスNEXT)

この世界は敵だらけだ。

そんな世界で生きる僕らは「悪意」による魔法-ib-を手に入れる。

そして僕らは世界を滅ぼすことにした。

――これは、まもなく壊れる世界の追憶。

引用 : Amazon

 

「ib-インスタントバレット-」は異能バトル系っすな

Amazon ib -インスタントバレット- (2) やさしくなりたい、優しくない人々 (電撃コミックスNEXT)

まぁサクッというと「異能バトル」ものなのですが、それがなかなかヒネクレておりましてこの世の中に「この世界のすべては敵だ」という「悪意」を持つ人間のみが特別な力を手にする事ができ、その力を「インスタントバレット」と呼ぶと。

 

またその力がまた厨二心を非常にくすぐるものになっていまして、「ラプラス」とか「アカシックレコード」とか指につける鎖くらい大好物なワードがガンガン出てきます。これにはもう眠ってた厨二心が火を吹く事間違いなしです。

 

「あとがきは嫌いです」に見る赤坂アカ氏の情熱

Amazon ib -インスタントバレット- (3) 過去と未来に初恋を (電撃コミックスNEXT)

この手の異能バトル系にはお決まりみたいなものなのですが、出てくる異能力者は主人公を含めて全員ワケありでして、そのワケあり内容が「さすが赤坂アカ氏」と言いたくなるほど上手にまとめらているんですよ。

 

各巻にはそれぞれサブタイトルが付けられておりまして

  • 1巻「世界の終わりとボーイ・ミーツ・ガール」
  • 2巻「やさしくない、優しくなりたい人々」
  • 3巻「過去と未来に初恋を」
  • 4巻「怖がりだよと、一度でも言えたなら」
  • 5巻「ハッピーエンドなんか、いらない」

と、これがワケありストーリーと上手に絡まってしかも綺麗に回収していくんですわ〜。スッゲーやり込んでるなーと思ったらそれもそのはず。

 

全部のストーリーを読み終えたら、最終巻の巻末のあとがきをぜひ読んでください。

 

「あとがきは嫌いです」から始まるこのあとがきに、「赤坂アカ」氏の情熱と覚悟がこれでもかというくらい詰まっています。

 

「あぁ、かぐや様がめちゃくちゃ面白いと思ったけど、そういうことか」

と。

 

未来の事は誰もわかりませんが、もし赤坂アカ氏の情熱が実ったなら「ib-インスタントバレット-」は再始動するはずなので「かぐや様は告らせたい」を読みつつ応援しながらその時を待っていようと思います。

「ib-インスタントバレット-」まとめ

Amazon ib -インスタントバレット- (4) 怖がりだよと、一度でも言えたなら (電撃コミックスNEXT)

はい!この「ib-インスタントバレット-」で何が言いたかったかというと!

  • 厨二病設定がいちいち心をくすぐってくるぜ
  • あとがきは絶対に読んで!
  • なんならその気持ちのまま「かぐや様」を読んでみて!

と言った感じでございます!

 

いやぁ!すばらしい内容でした!

久々にいい漫画にであったなぁー。最近ひどかったもんなぁ。

 

ではでは!また!