ばかあるき

発達障害と娯楽を持って

【無意識の】自律神経の乱れのサインとその対処法【ストレス】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:dokodemobakaaruki:20180108141722j:plain

どうもみなさま、おはこんばんちわ。ペロでございます。

 

先日ものの見事に自律神経がバッキバキに乱れまして、その復帰までが非常にスムーズに行ったのでその一連の流れをログがてらに記事にして残しておこうと思います。

 

今回の失敗点としては、自律神経が乱れているのに気づくのが遅かった点ですね。この部分がもっと早く気づけていればさらに早期改善できたと思うので、そのサインと対処法をずらっと書き記していこうと思います。

 

自律神経は無意識のストレスで簡単に崩れる

f:id:dokodemobakaaruki:20180108141754j:plain

ストレスが自分にどれだけかかっているかを正確に認知するのは非常に難しいことで、自分が認知しているストレス以外にも様々な物が実は無意識下に隠れています。

 

しかもそのストレスというのも、「出世」や「引っ越し」など一見ネガティブ要素に感じないものも実は体調を乱す原因にもなるので、全てのストレスを把握するのは至難の技。(もちろん、マインドフルネスや瞑想も無意識の理解として非常に重要なのですが)

 

ので、乱れてきたというサインをどれだけ感じ取れるかが非常に重要になってきます。

 

ボクの自律神経の乱れのサイン

f:id:dokodemobakaaruki:20180108141909j:plain

ボクの今回の自律神経の乱れのサインは

 

  1. 就寝時の動悸
  2. 3時間以上睡眠が取れない
  3. 異常な寝汗

 

この3つがこの順番通りに起き、3番目の「異常な寝汗」で「あ、これ自律神経壊れたな」と判断して対処を行いました。本当だったら「就寝時の動悸」で気づくべきでしたが冷静じゃなかったのでしょう。この段ではマインドフルネスで落ち着くくらいしか対処をしていませんでした。

 

 

自律神経の乱れの対処法

f:id:dokodemobakaaruki:20180108141842j:plain

ボクがやった対処法は3つです。

 

  1. 体操、マッサージで身体的に和らげる
  2. 乱れを緩和する食事をとる
  3. マインドフルネスでメンタル的に和らげる

 

この3つの行動で一日で睡眠も5時間以上とれるようになり、何とか日常生活まで復帰しました。それでは内容を細かく紹介していきます。

 

体操、マッサージで身体的に和らげる

f:id:dokodemobakaaruki:20180108142152j:plain

とにもかくにもボクはマッサージに向かいます。そしてマッサージ師の人に「自律神経が乱れてきてるっぽいので背中中心にお願いします」と伝えると、だいたいのちゃんとしたマッサージ師さんなら的確なマッサージを行ってくれます。

 

30分のコースでお願いするのですが、揉まれ始めは本当に吐いちゃうんじゃないかって言うくらい気持ち悪くマジでヤバいです。が、終わりの頃には吐き気もなくなりメンタル的にも分かりやすい「行動をおこした」という認知が出来るので体も気持ちもすっきりします。

 

そして次は体操です。

f:id:dokodemobakaaruki:20180108142228j:plain

就寝前に仰向けになり、両足をぴたっとそろえます。そして足首をかかとを中心に外側に開いて戻す。

| |→\ /→| |

こんな感じですね。これを3分間続けます。結構足がつらくなってきますが、これによって交感神経から副交感神経へのバトンがスムーズになりますので、就寝前に行う事によって睡眠にはいりやすい状況へを体を誘ってくれます。

 

この2つは非常に簡単にできる体へのアプローチなので是非試してみてください。

 

乱れを緩和する食事をとる

f:id:dokodemobakaaruki:20180108142349j:plain

食事によっても自律神経の乱れを緩和することができると言われています。

いろいろ諸説ありますが、ボクが食べてみて効果があったと思うものは

 

  • マグロ
  • ブリ
  • 牡蠣

 

この三つです。

 

自律神経の乱れの原因は多くはストレスにあります。そのストレスを緩和するのに有効なのがDHAです。

 

マグロとブリは魚の中でもDHAが非常に豊富でマグロは脂身の部分100gに対して2877㎎。ブリは100gに対して1784mgと言われています。マグロに関しては脂身、つまりトロの部分なのでちょっとそうそう食べれませんが、ブリは結構お手軽に手に入るのでオススメです。

 

そしてDHAは生食の方は摂取率がいいようなので出来るだけお刺身で頂いています。

 

牡蠣には神経の代謝を促す作用するビタミンB12が多く含まれており、ビタミンB12はめまいの治療薬にも使われています。

 

牡蠣以外の食材ではレバー、豚肉、サンマ、アサリ、多く含まれているのですが、牡蠣はその殻を粉にして漢方にもするらしくその漢方も自律神経の乱れに有効との事だったので、ボクは牡蠣をチョイスして食べています。

 

マインドフルネスでメンタル的に和らげる

f:id:dokodemobakaaruki:20171221082640j:plain

マンドフルネスといっても非常に単純で、横になって目を閉じ呼吸をゆっくり深く行います。そして息を吐く際に「いーち、にーい」と数を数えていきます。

 

思考は数を数える事だけに集中し、他の事を考えたりして数が分からなくなったら再度1から数え直す。これを20分ほど行うと頭の中もすっきりして気持ちも随分と穏やかになります。

 

こちらも睡眠前に体操を行った後におこなうと非常にに相性がいいです

 

まとめ

どうでしたでしょうか?あくまでボクが行っている事の一部なのですが、同じく自律神経の乱れでお困りの方は是非試してみてください。

 

個人的にオススメなのはマッサージです。費用はかかりますが、非常に簡単に「外に出る」や「言った事のないところにいく」という新しい行動で悪い行動のループから抜け出す事ができます。問題はマッサージ師さんがどういう人かによるのですが。。。

 

それでは、また新しい行動や効果的なことがありましたらお知らせしていこうと思います!

 

ちなみに、コチラの本にもストレスに関して詳しく書いてあるので興味があれば手に取ってみてください。

Amazon キラーストレス 心と体をどう守るか (NHK出版新書)

 

では!また!