ばかあるき

発達障害と娯楽を持って

最年長ヒロイン「傘寿まり子」がスゴい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

みなさんオハコンバンチワ!ぴぃでございます。

皆様新年はどうお過ごしでしょうか?

 

今日は素晴らしいマンガを見つけたのでご紹介したいと思います!

 

 

 

傘寿まり子 1巻 あらすじ

傘寿まり子(1) (KCデラックス BE LOVE) Amazon

 ベテラン作家である主人公、まり子は80歳。

四世代同居での住居問題がきっかけで、もう老人である自分の居場所や人生というものを見つめ直し、一人で家出を決意する。


といっても、作家のお仕事もあるし一人暮らしを始めるにも様々なハードルがまり子に立ちはだかってくる。


鳴くことの出来ない猫やかつての初恋の人など、様々な新しい出会いの中でまり子の色あせていた人生が再び色を取り戻していく。

 

傘寿まり子・80歳 ホームレス高齢者

 

80歳という年齢のまり子ですが、とにかくアクティブです。

 

「まり子・80歳 今日家を出ます」

 

この決意の言葉のもとまり子は新しい生活を始めようとしますが、泊るところの問題はホントに厄介。ボクも16歳の時に家出してみたけど、マンションの待合室みたいなところとかで寝てました。誰も頼らない家出はマジできっつい。

 

まり子は最初ホテルを利用します。が、いつまでもそんなお金は使ってられない。
そこで見つけた宿泊先がなんと街中のネットカフェ。
ネットカフェ難民の80歳、傘寿まり子


仕事が作家ということもあって、新しいことに飛び込むということに対しての恐怖感がまったくありません。恐怖感どころかどんどん吸収してそれを作家としてアウトプットするというモンスターおばあちゃんです。

 

f:id:dokodemobakaaruki:20170102142142j:plain

おばあちゃんでも会員になれたわ

図書館っていうよりは昔の貸本屋みたい

気楽だけどさびしい
さびしいけど気楽
こんな自由もあったのね

傘寿まり子1巻 61-63ページ

 

こんなまり子の姿勢や言葉にもう心がフワフワします。

 

 

傘寿まり子は名言が多い

とにかく名言が多い「傘寿まり子」ですが、ボクのお気に入りを3つだけ紹介します。

 

以下、ネタバレ要素があるので「これ読みたい!」って思ってる方はご注意ください。

  

 

弱者の自分を乗りこなせ」

傘寿まり子1巻 153ページ

 

f:id:dokodemobakaaruki:20170102142247j:plain

 

ひょんなことでまり子は死にかけます。
まだ1巻なのに!
その時に三途の川を必死で逆走してる時の名言。

 

誰しも弱者になりたい訳ではありません。
だから自分が弱者になった時にはそれを認めたくない。


でも、弱者になることは決して悪ではありません。

 

自分が弱者の立場になったら
弱者の自分を乗りこなせばいいのです。


弱者の自分認めて、それをどう乗りこなしていけば良いのか。
それが前へ、人生を豊かにしていくことへの第一歩です。

 

 

「あなた、私と出直してみる?」

傘寿まり子1巻 94ページ

 

 

鳴けないノラ猫・クロの過去を知ったまり子が、ネットカフェでクロを抱きしめながら呟く名言です。


ネットカフェでネコ飼ってます。

まり子先輩、マジぱねぇっす。

 

このとき、まり子は一切の思考なくこの言葉がついて出ます。
80歳からの出直し宣言です。出直しはいつでもできます。
自分にとっての世界一が一体なんなのか。


今、手にしているモノを捨てる勇気が必要になるし、

スゴく怖いことだらけですが

「もう遅い」なんてことは絶対にありません。

 

 

「死ぬ瞬間まで、それは人生の本番で、真剣勝負じゃないの」

傘寿まり子1巻 111ページ

 

 

クロと生きていくことを決意したまり子の名言。

 

生きていると、自分に色々な名前がついていきます。

「お父さん」
「お母さん」
「課長」
「主婦」
「高齢者」

 

色々な名前がつきますが、自分は自分です。

今すぐ死ぬ訳じゃないけど、明日死ぬかもしれないし、

まだずっと生きているかもしれません。


その生きているのは、たくさんの名前がついている「ボク」です。

どんな名前がついていても「ボク」は「ボク」。

 

死ぬ瞬間まで、それは人生の本番です。

真剣勝負で生きていきましょう。

 

傘寿まり子 第一話が無料で読めます。

ここで無料で読めるので是非チェックしてみてください。

be-love.jp

 

ボクは完璧に追っていこうと思います。
少女マンガ始めて好きになったんですけど
いやぁ恋愛に引退はありませんねぇ。

 

ボクも第一線にもどりてぇなぁー!

 

あ、そうそう。

第一巻の最後のコマはスゴいです。
おざわゆき先生、御歳52歳

 

脱帽です。